ドット絵コミュニティ「コレピク」


カラー選択
左クリックするとファーストカラー、右クリックするとセカンドカラーを選択します。
ファーストカラーが四角で囲まれ、セカンドカラーには斜線が引かれます。
ダブルクリックするとWindows標準のカラーダイアログで色の輝度を調節できます。
【ドラッグ&ドロップ】
パレットの色を入れ替えます。色を入れ替えた場合、画像の色も入れ替わります。
【Shiftキーを押しながらドラッグ&ドロップ】
色を入れ替えます。画像の色は影響を受けません。
【Ctrlキーを押しながらドラッグ&ドロップ】
色をコピーします。画像の色は影響を受けます。
メニュー
RGB値をコピー
ファーストカラーのRGB値をクリップボードにコピーします。
選択範囲のRGB値をコピー
ファーストカラーとセカンドカラーの間にある色のRGB値をクリップボードにコピーします。
RGB値を貼り付け
RGBの値をクリップボードから貼り付けます。
【貼り付け方】
最初の色をファーストカラーに貼り付けコピーされた色(複数色の場合は最初の色)をファーストカラーに設定します。
最初の色をセカンドカラーに貼り付けコピーされた色(複数色の場合は最初の色)をセカンドカラーに設定します。
複数色をファーストカラー位置から貼り付けコピーされた色すべてをファーストカラーから始まる位置に設定します。
【対象】
色と不透明度RGB値と不透明度を貼り付けます。
RGB値だけ貼り付けます。
不透明度不透明度だけ貼り付けます。
【全てのバンクに貼り付け】
複数のパレットバンクがある場合にチェックすると、全てのバンクに貼り付けます。
パレット読込
テキストファイルから色のRGB値を読み込みます。
「ピクセルを色に合わせる」をチェックすると、色の並びを変更しても画像の色が影響を受けません。
パレット保存
RGB値をテキストファイル形式で保存します。
グラデーション作成
ファーストカラーとセカンドカラーの間にグラデーションカラーを作成します。
濃度一括設定
ファーストカラーとセカンドカラーの間の色の濃度を指定値にします。
合成色を作成
ファーストカラーとセカンドカラーの合成色を作成します。合成色とは、ある色の上に別の濃度の低い色を重ねたものです。
結果の色を配置する場所と、どちらを上にするか(重ねるか)を選択して「OK」をクリックしてください。
段階的に合成色を作成
ファーストカラーとセカンドカラーの間を合成色で埋めます。セカンドカラーを下地の色とし、ファーストカラーを濃度を変えながら重ねていきます。
未使用色の削除
画像内で使用していない色を指定色に置き換えます。
重複色の統合
重複している色を指定色に置き換えます。
ペン・タイル再読込
ユーザー定義のペンとタイルを再度読み込みます。
ペンとタイルのファイルを格納するフォルダは、下記のコマンド「ペン・タイル用フォルダを開く」を実行すると開きます。それぞれのファイルはこのフォルダの中にBMPファイルとして保存してください。BMPはモノクロ(1bit)形式でなければなりません。またサイズは、ペンが32x32、タイルが16x16でなければなりません。
ペンは、白い部分が塗られる箇所になります。
タイルは、白い部分がファーストカラー、黒い部分がセカンドカラーになります。
ペン・タイル用フォルダを開く
ユーザー定義のペンとタイルのファイルを格納するフォルダを開きます。
ペン先
ペン先の形を選択します。ペンは自分で作ることもできます(上記の「ペン・タイル再読込」を参照してください)。
タイル
タイルのパターンを選択します。タイルは自分で作ることもできます(上記の「ペン・タイル再読込」を参照してください)。
ファーストカラー、セカンドカラー
現在選択されている色です。Xをクリックすると、ファーストカラーとセカンドカラーが入れ替わります。
濃度
色の濃度を調節します。濃度を下げると画像が透けて見えます。
RGB / HSL
色の輝度をRGBまたはHSLで調節します。この調節をおこなうと画像の色も変わります。
キーボードからの入力について
  • 10進数、16進数で数値を入力できます。16進数の場合は頭に「$」を付けてください(255なら$ff)。
  • カーソルキーの上下キーで値を増減できます。
  • TABキーでエディットボックス間を移動できます。
  • PageUp、PageDownキーで選択色番号を変えられます。
パレットバンク
データの種類がアイテムとキャラクターの場合、カラーパレットのセット(パレットバンク)を複数持つことができます。複数のパレットバンクを持つ作品を入手したユーザーは、部屋レイアウト時またはキャラクター編集時に使用カラーを選択することができます。